JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

JBL4312Gのレビュー

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】ばっちゃん

こんにちは。元オーディオショップ店員のばっちゃんです。今回はJBLのスピーカー4312Gの紹介です。実際に聴いてみると私の中のイメージしていた音と少し違い興味を持ちました。

JBLスピーカー 4312Gのレビュー

jbl 4312g 3 4 grill 1605x1605px optimized - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://jp.jbl.com/

4312Gは2018年にリリースされた3wayスピーカーです。4312シリーズは1982年に発売されたモデルでその後40年近くもモデルチェンジを繰り返しながら続いている伝統のモデルです。

ブックシェルフスピーカーとトールボーイスピーカーが主流の現代において大型のウーファーを搭載したこのスタイルは珍しくなってきました。

今回はオーディオショップの店長さんと話をしている中で「これ聴いてみて」という話になり聴かせていただきましたが良い意味で自分の予想を裏切るサウンドが楽しめたので記事にしました。

ポイント
長年のブラッシュアップを重ねた伝統のレイアウト

JBL 4312Gの仕様

フロント

 

jbl 4312g front d 1605x1605px optimized - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://jp.jbl.com/

12インチ(300mm)ウーハーの迫力があり素敵です。YAMAHA NS-1000Mも3WAYで通じるところがありますが昔の放送局などのスタンダードスタイルといった雰囲気。スタジオっぽくて個人的に好みです。

ポイント
JBLスタジオモニターらしい存在感のある見た目

リア

jbl 4312g back b 1605x1605px optimized - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://jp.jbl.com/

スピーカーターミナルも昔ながらのシングルワイヤー。なんだか昔使っていたスピーカーを思い出しました。

ポイント
伝統的なスピーカーターミナルの安心感

仕様

仕様一覧

LF300mm径ホワイト・ピュアパルプコーン・ウーファー(JW300SW)
MF125mm径ポリマーコーティング・ピュアパルプコーン・ミッドレンジ(JM125PC)
HF25mm径アルミ・マグネシウム合金ドームツイーター(054AlMg-1)
クロスオーバー周波数640Hz、5kHz
出力音圧レベル(2.83V/1m)90dB
公称インピーダンス
再生周波数特性44Hz ~ 40kHz
許容入力(RMS)200W

サイズ

寸法 (HxWxD)597x362x298(グリル装着時301)mm
重量25.2kg(グリル装着時)

コントロール及び接続仕様

型式前面バスレフ型、ブックシェルフ型

JBL 4312Gの音質レビュー

StockSnap FCIVXI6G04 1 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

4312Gの音質は腰のある低域と透明感のある中高域が特徴的です。ウーファーユニットの大きさも影響していると思いますが低域~キックやベースのアタックあたりの質感が最高に気持ち良いです。

適度なスピード感と密度を保った質の高い低音が飛び出してくる感じです。音の厚みを感じるような表現はさすがに大きなユニットならではの余裕があります。

中高音は高解像度で攻める感じではないですが透明感や立体感は十分で明るく美しいサウンドです。

私のイメージでは見た目から勝手にドライで温かいサウンドだと思っていましたが潤い感や繊細さも感じられ先入観は良くないなと反省しました。

ハリのある低音と透明感のある中高音で非常に楽しく音楽が聴けるチューニングだと思います。

ポイント
30cmウーハーからのキレの良い低音と3WAYによる各帯域の鮮明な表現力

JBL 4312Gにおすすめのアンプ

LUXMAN(ラックスマン)L-505uXII

main 1 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://www.luxman.co.jp/

L-505UX2の豊かで厚みのあるサウンドと4312Gの組み合わせではパワフル&リッチなリスニング環境が楽しめます。

L-505UX2の個別記事はこちら

main 1 520x300 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】 LUXMAN(ラックスマン)プリメインアンプL-505uXIIレビュー【20万円台】

MARANTZ(マランツ) PM12

pm12 compressor - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://www.marantz.jp/

PM12はタイトな低音で全体的にバランスが良く、密度の高い音の粒が飛んできます。4312Gとの組み合わせでは気持ち良い部分が重なり相乗効果が期待できます。

PM12の個別記事はこちら

87c651c05d25dcf60a9043b6ec78d729 520x300 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】 MARANTZ(マランツ)プリメインアンプ PM12 レビュー【20万円台】

価格帯別アンプ一覧

他にもおすすめのアンプはたくさんあるのでレビュー記事を価格別にまとめてみました。

参考になれば幸いです。

5万円未満のアンプ

5万円以上10万円未満のアンプ

10万円台のアンプ

20万円台のアンプ

30万円以上のアンプ

JBL 4312Gの評価

jbl 4312g 3 4 1605x1605px optimized - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】

出典:https://jp.jbl.com/

4312Gの価格は20万円台中盤です。お得感がある価格とは感じませんでしたがあまり他のメーカーのキャラクターと被らないので好みの方にはとても魅力的なスピーカーです。

私の今の好み的にはあまりマッチしませんが製品の出来としては素晴らしく、好きな方にはとことん愛されるスピーカーだと思います。4312Gを選ぶ方は音楽に対してしっかりした芯を持っていたり、自分の好みを把握されている方なのかなと思いました。雰囲気のある名機です。

ポイント
気持ちよく音楽が聴けるという明確な方向性を感じる逸品

最後に

スピーカーやアンプのポテンシャルを引き出すセッティングに関する記事をまとめましたので合わせてご確認ください。

mohammad metri 1oKxSKSOowE unsplash 1 520x300 - JBLスピーカー 4312Gのレビュー【20万円台】 【全9回】スピーカーやオーディオ機器のセッティング講座

皆様が良い音楽と過ごせますように。