YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

A S2200 3 1024x1024 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

55234 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

こんにちは。

元オーディオショップ店員のイイネドットミー(@iine_me)です。

YAMAHAのプリメインアンプA-S3200の記事です。

2020年5月にモデルリニューアルとなった新たなラインナップです。

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー

A S3200 3 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://jp.yamaha.com/

 

A-S3200は2020年にリリースされたプリメインアンプです。

YAMAHAの本格的なプリメインアンプとしては「A-S1100」 「A-S2100」 「A-S3000」

がラインナップされていましたが、今回リニューアルして「A-S1200」 「A-S2200」 「A-S3200」がリリースされました。

価格は「A-S1100」(定価20万円)→「A-S1200」(定価24万円) 「A-S2100」(定価25万円)→「A-S2200」(定価35万円) 「A-S3000」(定価47万円)→「A-S3200」(定価64万円)

と大きく値上がりしてA-S3200は税込みの実売価格が約70万円になりました。完全に高級機種の仲間入りですね!

今回は1200 2200 3200を全て同じ環境で比較してきました。

ポイント
A-S3000から17万円の値上げ。そのサウンドは?

A-S1200とA-S2200の記事はこちら↓

1bfa994b75915b888ed364aad6a13afe 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】 YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 A S2200 3 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】 YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S2200レビュー【30万円台】

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200の仕様

フロントパネル

A S3200 3 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://jp.yamaha.com/

前モデルのA-S3000から見た目の変更はなくVUメーターと操作系のノブが並びます。

フロントパネル左から電源スイッチ、ヘッドホンのトリム(ゲインコントロール)、スピーカーセレクト、メーター、BASS、TREBLE、BARANCE、インプットセレクター、PHONO(MMとMCの切り替え)、ボリュームノブ、ミュートが配置されています。

ポイント
大きなVUメーターがあり質感が高い

リアパネル

A S3200 1 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://jp.yamaha.com/

背面のレイアウトもA-S3000から全く変わりません。新シリーズは滑れ筐体はそのまま利用しているかもしれません。

もちろん内部構造やフットなど音に大きく影響する部分は変更されているとは思います。

ポイント
デジタル入力が無く長く使える安心感

仕様

A-S3200
定格出力(20Hz~20kHz, 0.07%THD)2ch同時駆動100W+100W
150W+150W
ダイナミックパワー(IHF)120W+120W
150W+150W
200W+200W
300W+300W
実用最大出力(JEITA, 1kHz, 10%THD)130W+130W
210W+210W
入力端子音声:8[RCA:6<PHONO(MM/MC), TUNER, CD, LINE 1, LINE 2, MAIN IN> ,XLR:2(BAL 1, BAL 2)], リモートイン:1, トリガーイン:1
出力端子音声:3[RCA:2(LINE, PRE OUT), ヘッドホン:1], リモートアウト:1
ダンピングファクター(1kHz)250以上 (8Ω)
入力感度/入力インピーダンス(1kHz, 100W/8Ω換算)PHONO(MC)150μVrms/50Ω
PHONO(MM)3.5mVrms/47kΩ
CD 他200mVrms/47kΩ
MAIN IN1Vrms/47kΩ
BAL1/BAL2200mVrms/100kΩ
最大許容入力電圧(1kHz, 0.5%THD)PHONO(MC)2.0mVrms
PHONO(MM)50mVrms
CD 他2.80Vrms
BAL1/BAL2BYPASS:2.80Vrms, ATT./-6dB:5.60Vrms
定格出力電圧/出力インピーダンスLINE2 OUT:200mVrms/1.5kΩ, PRE OUT:1Vrms/1.5kΩ
ヘッドホン定格出力(1kHz, 32Ω, 0.2%THD)50mW+50mW
周波数特性5Hz~100kHz+0/-3dB
20Hz~20kHz+0/-0.3dB
RIAA イコライザ偏差PHONO (MM/MC): ±0.5dB
全高調波歪率(JEITA, 入力 0.5V, 20Hz~20kHz)2ch同時駆動PHONO(MC)→LINE 2 OUT1.2Vrms:0.02%
PHONO(MM)→LINE 2 OUT1.2Vrms:0.005%
CD 他/BAL1/BAL2→SPEAKERS OUT50W/8Ω:0.035%
S/N比(JEITA, IHF-A ネットワーク)PHONO(MC)90dB
PHONO(MM)96dB
CD 他110dB
BAL1/BAL2114dB
残留ノイズ(IHF-A ネットワーク)33μVrms
チャンネルセパレーション(JEITA, 1kHz/10kHz)PHONO(MC)66/77dB以上
PHONO(MM)90/77dB以上
CD 他/BAL1/BAL274/54dB以上
トーンコントロール特性BASS可変幅:50Hz/±9dB, ターンオーバー周波数:350Hz
TREBLE可変幅:20kHz/±9dB, ターンオーバー周波数:3.5kHz
電源電圧AC100V, 50/60 Hz
消費電力350W
待機時消費電力オフモード時:0.1W, スタンバイモード時:0.2W
外形寸法(幅 × 高さ × 奥行き)435W×180H×464D mm
質量24.7kg
付属品リモコン, 単4乾電池2本, 電源コード(1.5m), 取扱説明書, 安全上のご注意

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200の音質レビュー

ov03 01 c13ac80e58d8efc1d813cba35e38a491 1 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://jp.yamaha.com/

それではA-S3200の音質レビューです。

音質は素晴らしいです!A-S1200で感じる軽い感じ、A-S2200で補強された厚みも軽く飛び越え次のステージへ突入してます。

中低域のパワーと共に音の粒立ちやスピード感が圧倒的に向上し全体の音の迫力が段違いです。

細かく聴きこむ前、音が鳴った瞬間に感じる良さがありました。一音一音に張りがありエネルギッシュ。1200や2200ではしっとりした感じの曲が聴きたい感じでしたが3200では打ち込みやダンスミュージックもアリだと思いました。

もちろん空気感の演出や静かなボーカル曲の表現力も抜群です。音の鮮度、鮮やかさ、密度がすごいので聴いていて心に響くものがあります。

ポイント
張りがあって粒立ちが良い音がハイスピードで飛び出してくるようなサウンド

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200の評価

A S3200 1 2 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://jp.yamaha.com/

A-S3200の実売価格は約70万円。A-S2200が38万円程度なので32万円ほどの差額。でかいですね。。

確かに音質は抜群に良いんですがコスパが良いとは思いません。

ただ、高価格帯になればなるほど僅かの音質差を得るために大きな金額を投入する必要があるのがオーディオの世界なのでそれを考えるとしょうがない部分はあるというか納得する部分もあります。

悩ましいところですが、倍近くの金額を払うのであれば私はA-S2200を選びアクセサリーなどに予算を回すと思います。

元気が良くて張りのあるサウンドがお好みならA-S3200がおすすめです。

ポイント
上質さと共に迫力を感じるプリメインアンプ

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200におすすめのスピーカー

A-S2200に組み合わせるスピーカーはどんなものでも良いと思いますがせっかくならハイレベルなものを用意したいです。

おすすめをいくつかピックアップします。

B&W(Bowers & Wilkins)ブックシェルフスピーカー805d3

805d3 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://www.bowerswilkins.com/

805d3は非常に高い再生能力を持ったスピーカーです。リアルな声の質感や厚みがあって実在感を感じる中低域。スピード感も艶感もあって鳥肌が立ちます。A-S3200との組み合わせでも素晴らしい世界へと連れていきます。

TANNOY(タンノイ)Turnberry/GR(ターンベリー)

turnberry pair 3 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

出典:https://www.esoteric.jp/

TANNOYのTurnberry/GRはクッキリと輪郭を描き切ると同時にシャープ過ぎない絶妙なバランスです。適度な厚みもあり素晴らしいスピーカーです。

見た目も素敵で高級家具のような佇まい。

個別記事はこちら↓

7e255c209d5ea92429891b7b846d33be 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】 TANNOY(タンノイ)スピーカーTurnberry/GR(ターンベリー)のレビュー【50万円以上】

価格帯別におすすめスピーカーのカテゴリーページを作りましたので良ければ購入の参考にされてみてください。

10万円未満のスピーカーカテゴリー

10万円台のスピーカーカテゴリー

20万円台のスピーカーカテゴリー

最後に

迫力と上質さを兼ね備えたA-S3200はさすがのYAMAHAクオリティーでした。機会があればぜひ試聴されてみてください。

スピーカーやアンプのポテンシャルを引き出すセッティングに関する記事をまとめましたので合わせてご確認ください。

mohammad metri 1oKxSKSOowE unsplash 1 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】 【全9回】スピーカーやオーディオ機器のセッティング講座

皆様が良い音楽と過ごせますように。