YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

1bfa994b75915b888ed364aad6a13afe 1024x1024 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

55234 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

こんにちは。

元オーディオショップ店員のイイネドットミー(@iine_me)です。

YAMAHAのプリメインアンプA-S1200の記事です。

2020年5月にモデルリニューアルとなった新たなラインナップです。

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー

image 1 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://jp.yamaha.com/

A-S1200は2020年にリリースされたプリメインアンプです。

本格的なプリメインアンプとしては「A-S1100」 「A-S2100」 「A-S3000」

がラインナップされていましたが、今回リニューアルして「A-S1200」 「A-S2200」 「A-S3200」がリリースされました。

価格は「A-S1100」(定価20万円)→「A-S1200」(定価24万円) 「A-S2100」(定価25万円)→「A-S2200」(定価35万円) 「A-S3000」(定価47万円)→「A-S3200」(定価64万円)

と大きく値上がりしてA-S1200はA-S2100とあまり変わらない価格になりました。個人的に前モデルのA-S2100とA-S3000の音がS/Nが良く静かで華やかなサウンドで大好きだったので今回のモデルチェンも楽しみにしていました。

ポイント
A-S1100から4万円の値上げ。音質面の進化に期待

A-S2200/A-S3200の記事はこちら↓

A S2200 3 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S2200レビュー【30万円台】 A S2200 3 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S3200レビュー【70万円】

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200の仕様

フロントパネル

1bfa994b75915b888ed364aad6a13afe - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://jp.yamaha.com/

A-S1100から変更はなくYAMAHAらしいシンプルで美しいデザインですね。VUメーター好きなので嬉しいです。

フロントパネル左から電源スイッチ、ヘッドホン、スピーカーセレクト、メーター、BASS、TREBLE、BARANCE、インプットセレクター、ボリュームノブが配置されています。

ポイント
前モデルから大きな変化はなく安心感があるレイアウト

リアパネル

f35c38fd71a776be55a461c7fedafb52 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://jp.yamaha.com/

無垢の真鍮を削り出したスピーカー端子が輝きます。

PHONOの他にアナログ入力が4系統でこちらもA-S1100から変化はありません。分かりやすい機能追加などではなく完全に中身で勝負ですね!

ポイント
必要十分な入力チャンネルでデジタル入力は無し。

 

仕様

A-S1200
定格出力(20Hz~20kHz, 0.07%THD)2ch同時駆動90W+90W
150W+150W
ダイナミックパワー(IHF)105W+105W
135W+135W
190W+190W
220W+220W
実用最大出力(JEITA, 1kHz, 10%THD)120W+120W
190W+190W
入力端子音声:6[RCA:6<PHONO(MM/MC), TUNER, CD, LINE 1, LINE 2, MAIN IN>], リモートイン:1, トリガーイン:1
出力端子音声:3[RCA:2 (LINE, PRE OUT), ヘッドホン:1], リモートアウト:1
ダンピングファクター(1kHz)250以上 (8Ω)
入力感度/入力インピーダンス(1kHz, 100W/8Ω換算)PHONO(MC)150μVrms/50Ω
PHONO(MM)3.5mVrms/47kΩ
CD 他200mVrms/47kΩ
MAIN IN1Vrms/47kΩ
最大許容入力電圧(1kHz, 0.5%THD)PHONO(MC)2.0mVrms
PHONO(MM)50mVrms
CD 他2.80Vrms
定格出力電圧/出力インピーダンスLINE2 OUT:200mVrms/1.5kΩ, PRE OUT:1Vrms/1.5kΩ
ヘッドホン定格出力(1kHz, 32Ω, 0.2%THD)25mW+25mW
周波数特性5Hz~100kHz+0/-3dB
20Hz~20kHz+0/-0.3dB
RIAA イコライザ偏差PHONO (MM/MC):±0.5dB
全高調波歪率(JEITA, 入力 0.5V, 20Hz~20kHz)2ch同時駆動PHONO(MC)→LINE 2 OUT1.2Vrms:0.02%
PHONO(MM)→LINE 2 OUT1.2Vrms:0.005%
CD 他→SPEAKERS OUT50W/8Ω:0.035%
S/N比(JEITA, IHF-A ネットワーク)PHONO(MC)90dB
PHONO(MM)96dB
CD 他110dB
残留ノイズ(IHF-A ネットワーク)50μVrms
チャンネルセパレーション(JEITA, 1kHz/10kHz)PHONO(MC)66/77dB以上
PHONO(MM)90/77dB以上
CD 他74/54dB以上
トーンコントロール特性BASS可変幅:50Hz/±9dB, ターンオーバー周波数:350Hz
TREBLE可変幅:20kHz/±9dB, ターンオーバー周波数:3.5kHz
電源電圧AC100V, 50/60 Hz
消費電力350W
待機時消費電力オフモード時:0.1W, スタンバイモード時:0.2W
外形寸法(幅 × 高さ × 奥行き)435W×157H×463D mm
質量22.0kg
付属品リモコン, 単4乾電池2本, 電源コード(1.5m), 取扱説明書, 安全上のご注意

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200の音質レビュー

b11ffc3ee904bc621b6336ece8776f25 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://jp.yamaha.com/

 

それではA-S1200の音質レビューです。

YAMAHAのプリメインアンプ全般に言えることですが華やかな高音が特徴的です。そして今回のモデルでは透明感というか透き通ったサウンドの印象を持ちました。

音の密度、濃さといった感じではなく、華やかで軽やかな雰囲気です。押し出し、貼りのある低音ではなくすっきりと収まった低域の上にまろやかで美しい中高音が広がります。

特にシャープな高音ではなくリバーブの効いたボーカルやピアノはうっとりするような表現力を持ちます。高域の切れ味が良いスピーカーと合わせると気持ち良いのかなと想像しました。乾いた中高音の表現も得意ですがローは量感は少なめでアタック感も薄めです。

サウンドバランスとして中高音にフォーカスして音楽を楽しむタイプの方におすすめできます。女性ボーカルものが好きな方はかなり楽しめるバランスだと思います。

ポイント
滑らかで透明感のある中高域が特徴的

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200の評価

4094cbdb913b40566b28ce9d25f15f00 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://jp.yamaha.com/

A-S1200の実売価格は26万円程度。LUXMAN(ラックスマン)のL-505uXIIやMARANTZ(マランツ)の PM12と同価格帯ですね。

どれも個性があって音の方向性が違うのでこの価格帯に新しい選択肢が増えたのは嬉しいです。イメージ的には華やかで透明感があり美しいA-S1200、どっしりと安定感があり全帯域に厚みを感じるL-505uXⅡ、フラットなサウンドバランスとタイトで引き締まった低音、スピード感もありクールな中高域のPM12といった印象です。

上にあげた機種は好みのジャンルや音質によってどれを選んでも満足できるプリメインアンプです。その中でもA-S1200はしっとり系の音楽が好みの方にはぜひ試していただきたいモデルです。

ポイント
透明感、美しさ、軽やかさを感じられるプリメインアンプ

YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200におすすめのスピーカー

A-S1200に組み合わせるスピーカーとしてマイルドなタイプとシャープなタイプをえらんでみました。

シャープなものはA-S1200の苦手な部分を少し補うようなイメージ、マイルドなタイプは良さを伸ばす狙いです。

DALI(ダリ) MENUET(メヌエット)

00000003215069 A01 compressor - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

コンパクトなブックシェルフスピーカーで艶のある中高音が魅力です。A-S1200との組み合わせではかなり艶感が感じられて気持ち良いセッティングだと思います。

個別記事はこちら↓

00000003215069 A01 compressor 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 DALI(ダリ)の人気スピーカーMENUET(メヌエット)レビュー【10万円以下】

Sonus Faber(ソナスファーベル) Sonetto I(ソネット1)

Sonetto I compressor - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:www.noahcorporation.com/

Sonetto Iも弦やボーカルの響きが美しいスピーカーです。こちらもA-S1200との組み合わせで透明感と空気感を生かしたセッティングが期待できます。

個別記事はこちら↓

Sonetto I compressor 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 Sonus Faber(ソナス・ファベール)ブックシェルフスピーカーSonetto I(ソネット1)のレビュー【20万円台】

DALI(ダリ) OPTICON6(オプティコン6)

DALI OPTICON6 4 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://www.dali-speakers.com/

こちらも艶感、美しさを理由に選びました。まったりととろけるようなボーカルを楽しめ、トールボーイでそれなりの低音の量感も稼げます。

個別記事はこちら↓

DALI OPTICON6 3 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 DALI(ダリ) OPTICON6レビュー 定番人気のトールボーイスピーカー【20万円台】

B&W(Bowers & Wilkins)705S2

705S2white2 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】

出典:https://www.bowerswilkins.com/

B&Wはシャープでモニター的な中高音と微細な音までしっかり表現する描写力が特徴的です。705s2は特にバランスに優れていて高域がキツ過ぎることもなく低音のスピード感、アタック感もある非常に能力の高いスピーカーです。A-S1200とはうまく不足する部分を補ってくれるような組み合わせになります。

個別記事はこちら↓

705S2black 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 B&W(Bowers & Wilkins)ブックシェルフスピーカー705S2のレビュー【20万円台】

価格帯別におすすめスピーカーのカテゴリーページを作りましたので良ければ購入の参考にされてみてください。

10万円未満のスピーカーカテゴリー

10万円台のスピーカーカテゴリー

20万円台のスピーカーカテゴリー

最後に

YAMAHAのプリメインアンプとの出会いは前モデルのA-S3100からでした。日本人の女性ボーカルの曲を聴いたときにその美しさに鳥肌が立ちました。

A-S1200でもそのフィーリングは感じられ、ヤマハらしさがしっかり残ったプリメインアンプだと感じます。

 

スピーカーやアンプのポテンシャルを引き出すセッティングに関する記事をまとめましたので合わせてご確認ください。

mohammad metri 1oKxSKSOowE unsplash 1 520x300 - YAMAHA(ヤマハ)プリメインアンプA-S1200レビュー【20万円台】 【全9回】スピーカーやオーディオ機器のセッティング講座

皆様が良い音楽と過ごせますように。